佐藤さん(高崎高) MVP 4部門28組が競う

プログラミングの能力や発想力を競う「ぐんまプログラミングアワード(GPA) 2022」(上毛新聞社主催、クライム特別協賛)の最終審査が20日、前橋市のベイシア文化ホール(県民会館)で開かれた。4部門に28組が挑み、最高生のMVP ・総務大臣賞にはIoT部門に出場した佐藤弘基さん(高崎高(高崎高3年)が輝いた。審査員会特別賞はテクニカル部門(高校生以下の部)の松葉大和さん(東京・武蔵中3年)が受賞。優れた成績を収めた出場者に各部門賞や協賛者などから企業賞が贈られた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。